Family Game Park

レトロから最新まで、子供や親子が安心して楽しめるゲームをご紹介。

オモチャとオモチャのガチバトル「突撃! てけてけ!! トイ・レンジャー」

今回紹介するゲームは、2000年にセガから発売された、ドリームキャスト用ソフト「突撃! てけてけ!! トイ・レンジャー」だ。

オモチャが主役の3Dアクションシューティング

本作のジャンルは3Dアクションシューティング。プレイヤーは、オモチャの車や飛行機などを操作して様々なミッションをこなし、反乱を起こして家の中を占拠した悪いオモチャたちをやっつける事となる。

本作の舞台は、とある一軒家の中となっており、キッチンや屋根裏、ガレージなど全8エリア構成。それらのエリアごとに何種類ものミッションとボス戦がプレイヤーを待っている。

ミッションの種類が豊富

プレイヤーがこなす事になるミッションの内容はとても変化に富んでおり、ヘリコプターのオモチャを操作して飲み物に角砂糖を入れるといった簡単なものから、鳥カゴの中の鳥を無事に目的地まで逃がす護衛ミッション、車のオモチャを操作して敵のオモチャ兵をやっつけながら屋根裏を疾走し、宝物を探し出す捜索ミッションなど、とにかく種類が豊富にある。

そして、これらミッションは一つ一つがとてもプレイしがいのある骨太なものとなっており、子供のみならず大人でも楽しめる内容に仕上がっている。

操作する各オモチャの攻撃も、消しゴムや鉛筆といった子供が使う文房具などを飛ばして敵をやっつけるという、子供やオモチャの世界観を保ったものとなっており、非常にコンセプトがしっかりしているのも特徴的だ。

対戦モードがとてつもなく面白い

そんな本作は一人でシナリオをクリアするのも十分楽しいのだが、本作が本領を発揮するのは、最大4人まで遊べる対戦モードだと言っていい。

特に”ネコとネズミ”と呼ばれる、かくれんぼと鬼ごっこを足したような対戦モードは、大人も子供も大盛り上がり必至の内容となっている。この”ネコとネズミ”という対戦モードでは、プレイ開始前に車や飛行機など好きなオモチャを選ぶところから始まる。

そしてゲームが開始され、誰か一人でも他のプレイヤーを見つけて攻撃を当てると、その攻撃を当てたプレイヤーがネズミ役となり、残りのプレイヤーはネコ役となる。

ネズミとなっているプレイヤーの得点は時間経過と共に増える仕組みとなっており、設定された数値にまで得点が達すると、そのプレイヤーの勝ちとなる。

しかし、他のプレイヤーから攻撃されてしまうと、ネズミ役は攻撃したプレイヤーのものとなってしまうので、ネズミになった人は隠れたり逃げ回ったりして、ネズミ役を死守する事になるのだ。

逆にネズミ役を奪われネコ役となった他のプレイヤーたちは、一秒でも早くネズミ役を奪い取らないと不利になるので、血眼になってネズミ役のプレイヤーを探し回ることになる。

簡単に説明すると、鬼になった人が皆から逃げる、鬼ごっこの逆バージョンのようなものなのだが、これがとてつもなく面白い。はっきり言って、30年以上も様々なゲームをプレイしてきたが、これほど白熱する対戦ゲームは他に類を見ない。それ程までに、このゲームの”ネコとネズミ”というモードは面白いのだ。

言葉では説明しきれないものがあるので、ぜひ家族や友達みんなでプレイしてみて欲しい。

是非プレイして欲しい神ゲー

本作は現行のいかなるゲーム機でもリメイクや配信などが行われていないため、本作をプレイするにはドリームキャストが必須となってしまう。しかし、このゲームの面白さを体験するためだけにでもドリームキャスト本体を購入する価値があると、筆者は言い切る事ができる。それぐらい本作は猛烈な面白さを秘めたゲームなのだ。もしも機会があれば是非プレイしてみて欲しい。きっと後悔はさせないはずだ。