Family Game Park

レトロから最新まで、子供や親子が安心して楽しめるゲームをご紹介。

レディーコングを救い出せ「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」

本日紹介するゲームは、1986年にコナミから発売された、ファミリーコンピューター用ソフト「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」だ。

人気映画の続編を題材にした、見下ろし視点のアクションゲーム

本作は映画「キングコング2」を題材にした見下ろし視点のアクションゲームだ。プレイヤーはキングコングを操作し、連れ去られてしまったレディーコングを救い出す事となる。

本作はステージクリア型のアクションゲームではなく、山岳地帯やジャングルなど様々なマップ(ワールド)に別れており、ワープを使ってマップ間を移動する事になる。

各マップは一方向のみにスクロールするわけではなく、上下左右にスクロール出来るようになっている。それぞれのマップのいたるところに扉があり、その扉の中には貴重なパワーアップアイテムや別マップへのワープが置かれている。これらの扉はすべてが最初から見えるかたちで配置されているわけではなく、障害物などを壊して見つかるものもあり、障害物をガンガン壊しながら隠された扉を探すのも、また楽しい。

レディーコングを助け出すにはボスが持っている鍵が必要

レディーコングを救い出すには、各マップに一体ずつ存在するボスを倒し、鍵を集める必要がある。これらボスがいる部屋には、マップに配置されている扉の一つから行く事が出来る。ところが、前述した通り各マップには多くの扉が置かれているので、ボスの部屋に続く扉を探すだけでも一苦労。なかなか一筋縄ではいかない。

また、本作のボスは、どれもなかなか強力で、動きや攻撃のパターンを読まないと攻略は難しい。当然、初期状態のコングでは苦しい戦いを強いられるので、道中に隠されているパワーアップアイテムを手に入れることが攻略の鍵となってくるのは間違いだろう。

爽快感溢れるプレイスタイルと、探索や音楽が魅力

初めのうちは、どのワープがどのマップへと繋がっているかも分からず、同じマップを何度も行き来する事になるだろう。新しい隠し扉を発見し、新しいワープを見つけては胸を躍らせ、新天地を求めてワープを繰り返す。この探索要素が本作の魅力の一つだ。

そして、本作は音楽も良く、フィールドやボス戦もしっかりと気分を盛り上げてくれる曲がそろっているので、楽しくゲームを続ける事が可能。キングコングになって障害物をガンガン壊していくプレイスタイルも爽快感があり、例え原作である映画「キングコング2」を見ていなくても十分楽しめる作品になっている。

そんな本作はバーチャルコンソールで配信されていないため、カートリッジによるプレイとなる。非常に安く売っているショップも多いので、気になった方は一度チェックしてみてはいかがだろうか。