Family Game Park

レトロから最新まで、子供や親子が安心して楽しめるゲームをご紹介。

タマゴで挟んで大量消し!「ヨッシーのたまご」

本日紹介するゲームは、1991年に任天堂から発売された、ファミリーコンピューター用ソフト「ヨッシーのたまご」だ。

マリオキャラクターが登場する落ちモノ系パズルゲーム

本作のジャンルは、いわゆる”落ちモノ系パズル”にあたる。プレイヤーは、一人でプレイする場合には二種類あるゲームモードから一つを選び、ゲームスピードやゲーム開始時の難易度、BGMなどを選んでゲームを開始する事となる。

基本的なルールは、4つの列の最下部に一つずつ計4つの土台が並べられており、それぞれの列の上からクリボーやゲッソーなどマリオシリーズではお馴染みの敵キャラクターが降ってくるので、プレイヤーはマリオを操作して土台を左右に入れ替え、落ちてきた敵キャラクターを揃えて消していくというもの。

敵キャラクターは同じものを二つ揃えるだけで消せるようになっているので、落ちモノ系パズルが苦手という人でもプレイできる優しいルールとなっている。

敵キャラを卵で挟んで、高得点をゲット

また、本作には、タイトル通りヨッシーの卵が敵キャラクターに混じって降ってくることがある。ヨッシーの卵は上下に二分割された状態で降ってくる。卵の殻の上部分と下部分が別々に降ってくるのだ。それらを上下揃えるとヨッシーが生まれ、高得点を得ることが出来る。このヨッシーの卵は、卵の下部分と上部分の間に敵キャラクターをサンドウィッチのように挟み込むことも出来る。より多くの敵を挟み込んだ方が、より大きなヨッシーが生まれ、より一層高得点がもらえるという仕組みだ。

このヨッシーの卵で敵を挟み込むのがなかなかに気持ちよく、ついつい多くの敵を挟もうと欲張ってしまい、ゲームオーバーになってしまう事もある。

豊富なゲームモード。対戦は白熱必至

一人プレイ時のゲームモードには、AタイプとBタイプがある。Aタイプは最近のゲームで言うところのサバイバルモードだ。プレイ時間などに応じて難易度レベルが上昇していくため、プレイ時間が長くなるほど継続が難しくなっていく。

対するBタイプは、ゲーム開始時に積まれた敵キャラクターを全て消すとクリアとなり、より難しくなったステージに次々と挑戦していくステージクリア型のモードとなっている。

本作は、落ちモノ系パズルには不可欠な二人対戦モードも備えている。対戦モードでは、ヨッシーの卵で多くの敵を挟み込み、より大きなヨッシーを生まれさせるほど、対戦相手に大量の敵キャラ送り込めるという仕組みになっている。そのため、互いにヨッシーの卵を作り合って敵キャラの雨を降らし合う、ヨッシーの卵合戦になることは必至だ。

しかし、敵キャラを多く挟み込めば対戦相手により多くのダメージを与えられる事が分かっているので、敵キャラを可能な限り卵の間に溜め込もうとするものの、対戦相手からも大量の敵が送り込まれてくるので、どの程度まで溜めるかの見極めどころが難しく、しかも運よく卵の上半分が落ちてきてくれなかったりもするので、とてもエキサイティングな対戦が楽しめるようになっている。

任天堂ならではの良作パズルゲーム

非常にシンプルなルールやシステムでありながら、ここまでエキサイトできるパズルゲームに仕上げてくるあたりが、さすがは任天堂と言えるだろう。そんな本作は、カートリッジによる販売以外に、バーチャルコンソールでも配信されているので、是非とも友達や家族でプレイしてみよう。対戦は盛り上がること間違いなしだ。