Family Game Park

レトロから最新まで、子供や親子が安心して楽しめるゲームをご紹介。

強烈な個性が魅力「百の世界の物語」

本日紹介するゲームは、1991年にアスク講談社から発売された、ファミリーコンピューター用ソフト「百の世界の物語」だ。

ジャンルはすごろくRPG

本作のジャンルは、いわゆる”すごろくRPG”と呼ばれるようなゲームとなっている。プレイ可能人数は1~4人で、プレイヤーは3つあるシナリオから1つを選んで、与えられたクエストのためにマップを駆けずり回り、競い合う事になるのだ。

3つのシナリオはそれぞれ最終目的やサブクエストが異なるものの、マップの大きさは変わらない。マップの未到達マスは最初隠れており、プレイヤーが通ることで初めて街や洞窟などが明らかとなる仕組みだ。

どのシナリオを選んでも、プレイヤーはゲームの開始と同時に最終目的となるメインクエストを告げられる。しかし、それを遂行するためには、初期状態ではレベルや装備などが足りないため、街などでランダム発生するサブクエストを受け、レベルや装備などを整えていく必要がある。もちろん道中の何もないマスではモンスターが出現する事もあり、それらモンスターも経験値やお金を手に入れるための貴重な収入源だ。

戦闘はターン制コマンドバトル。共闘も可能。

戦闘は昔ながらのターン制コマンド選択式となっており、1ターンが終了すると当プレイヤーのターンは終了、画面がマップ画面に切り替わって別のプレイヤーが移動するターンとなる。つまり、戦闘が続いている間は、戦闘中のプレイヤーは足止めを食らってしまう事になる。

といっても、通常の敵なら2、3ターンで倒せてしまうものがほとんど。他のプレイヤーも戦闘を重ねるので、戦闘で足止めを食らうデメリットはそれほどない。しかし、もしも運悪く歯が立たないような強力な敵と出くわしてしまった時は、他のプレイヤーが戦闘中のマスに止まることで参戦する事も可能。経験値などは均等に配分されてしまうが、どうしても助けて欲しい場合は武士の情けで助けてもらうのもいいだろう。

他のすごろくRPGには無い個性が魅力

ここまでは他のすごろく型RPGと特に変わり無さそうと思った読者もいるかもしれないが、本作の最大的特徴は、その独特な”世界観”と”ノリ”にある。パッケージの王道感とは裏腹に、登場キャラクターのグラフィックにしても発生するイベントにしても、良い意味で強烈な個性をかもしだしており、面白いを通りこして一度プレイすると忘れられないものになるのは必至。例えばランダム発生するイベントで出会える”とある女の子”は、プレイヤーの意見など無視して冒険に同行し、その女の子に同行されているプレイヤーは戦闘で一切攻撃が出来なくなる。しかもこの女の子がなかなかの性格をしており、笑い必至なのだ。(どのような性格をしているかは、実際にプレイして確かめて欲しい。)

その他にも、ぶっとんだイベントやキャラクターがいくつも用意されており、プレイ中は何度も抱腹絶倒の勢いで笑わされる、とにかく面白くて楽しいゲームなのだ。筆写はこれまでいくつもすごろく型RPGをプレイしてきたが、ここまで笑わされる同ジャンルのゲームは出会った事がない。

短時間で気軽にプレイ出来て、リプレイ性も高い

本作は1プレイ2~3時間程度でクリアできるようになっており、その上、3つのシナリオとランダム生成されるサブイベントのおかげでリプレイ性も非常に高い。内容も小さなお子さんから大人まで誰でもプレイ出来て楽しめるカジュアルな内容となっている。もし少しでも興味が湧いた方がいるなら是非ともプレイしてみて欲しい。後悔はしないはずだ。

そんな本作はバーチャルコンソールで配信されていないため、実機かファミコンソフトが遊べる互換機でのプレイとなる。その点が少し敷居を高くしてしまっており、残念だ。バーチャルコンソールへの配信に希望を託して待つか、待ちきれない方は一度ネットショップなどでチェックしてみよう。